FC2ブログ

Welcome to my blog


小売・飲食ランキング
人気ブログランキング

回転寿司店で一番鮮度の良い時間帯とは?元店長が教えます

元てんちょ→@100円寿司ブロガー

元てんちょ→@100円寿司ブロガー

スポンサーリンク

元回転寿司店長のもとてんです。

今回は回転寿司店で一番鮮度の良い時間帯について解説させていただきます。
kura7.jpg

ここでいう回転寿司店は私が勤めていたような100円寿司チェーン店を指します。

実際に店長としてネタを取り扱っていたので、リアリティ高い的確な情報と思って良いでしょう。

どうせ食べるなら鮮度の良い時間帯に食べたいですよね。

ズバリ言うと、一番鮮度の良い時間帯は食事時になります。

その理由などを解説していきます。

この内容を動画でみる



鮮度が一番良い時間帯は食事時


take2.png


鮮度が一番良い時間帯はズバリ食事時となります。

食事時とはランチタイムやディナータイムになりますね。

多くの方は安心したとともに、一番利用している時間帯ですね。

なぜかと言うと、回転率が高いからです。

ネタの多くは冷凍のものを解凍して使います。

ネタは解凍仕立ての時が一番鮮度が良いわけです。

ネタのパックなどを開封すればそこからは劣化していきます。

回転率が高い時間帯というのは1パックを消費する時間が非常に短くなるのです。

つまり、鮮度が高い状態でお客様に提供されるということになります。

また、平日より土日の方が売上が高く回転率も高いので鮮度も高くなります。

そりゃそうですよね。

昼や夜のピークに向けてお店は準備しているわけですからね。

鮮度が良いと思われる朝一は?


hama4.jpg


鮮度が一番良いと思われやすいのが朝一番だったりします。

開店直後は鮮度は非常に良いと思うところですよね。

しかし、私の勤めていた店舗で言えば、一部のネタは前日のものを使用しています

つまり、朝一の営業で使われるネタの一部は前日の残り物となります。

前日に残ったネタを全部捨てるというわけにはいきませんからね。

朝一というのはそういう意味で考えると一番鮮度が悪い時間帯と言えます。

もちろん、中には当日に解凍したものや切り付けしたものも含まれることはあります。

しかし、ここに関しても朝一に出てくるものというのは、

急速に解凍してしまったものもあります。

半解凍でネタを切付した場合もネタは少し寝かせた方が食べ頃になります。

通常11時開店だとしたら、スタッフは朝9時から働いていたとしましょう。

時間を逆算してみても、急速感が否めませんよね。

朝一の営業は一番鮮度が悪く、気を付けなければいけません。

アイドルタイムは微妙


kura5.jpg

続いて、アイドルタイムはどうでしょうか?!

アイドルタイムというのは昼から夜にかけてのおやつタイムあたりを指します。

通常であれば15時から17時あたりの一般的には食事をしない時間帯です。

この時間帯は鮮度が悪いことが多いので注意しましょう。

なぜかというと、ネタケースに入っている時間が長いからです。

ネタというのはパックをネタケースに入れます。

そして、製造するスタッフはネタケースからネタを取っていきます。

アイドルタイムは回転率が非常に低くなります。

つまり、ネタケースのネタがあまり動きません。

ネタによっては開封してから数時間もネタケースに置いてあります。

鮮度はネタケースに置いた時点で下がっていきます。

これはカウンター越しの寿司屋をイメージしてくれればわかりやすいと思います。

ずっとネタケースにネタが入っていますよね。

この時間が長ければ長いほど、空気に触れている時間も長くなるので、ネタは劣化します。

さらに言えば、ネタ以外でもシャリなんかも同じですよね。

アイドルタイムはあまりおすすめできません。

閉店間際はどうなの?



それでは閉店間際はどうでしょうか?!

これまたおすすめできません。

ディナータイムが終わって数時間経った状態となります。

前述のように回転率が低くなっている状態ですね。

もっと言うと、回転寿司チェーンは閉店時間が23時が一般的でもあります。

店舗の清掃作業を終えないとアルバイトは帰れません。

つまり、清掃作業をしながら営業した状態となります。

衛生状態が悪くなりがちの時間帯なのです。

アルバイトは早く帰りたいものですからね。

店舗によってだいぶ差はありますが、

私の知っている範囲ですと、ネタケースを洗う都合上、ネタが放置された状態になることが多々あります。

ネタの鮮度は最悪といっても良いでしょう。

私は経験上は閉店間際は怖くて食べられませんね。

まとめ



いかがでしたでしょうか?!

思っていたところと違うという方もいるかもしれませんね。

回転寿司店の美味しさを比較する時なども一番忙しい時間のお寿司をチェックすると良いでしょう。

よく、アイドルタイムや閉店間際などに行って「不味い」という評価をすることがあります。

それは不味くて当たり前とも言えますね。

回転寿司店のピーク時間は待ち時間が長く賑わっていることが多いですが、

待ち時間があるくらい賑わっていた方が鮮度の良いお寿司を食べられるということですね。


関連記事



100円寿司に関する記事はこちらから
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク