FC2ブログ

Welcome to my blog


小売・飲食ランキング
人気ブログランキング

元回転寿司店長がスシローの春メニューの原価目線で分析してみる

元てんちょ→@100円寿司ブロガー

元てんちょ→@100円寿司ブロガー

スポンサーリンク

キャンペーンメニューの原価を推測して分析しちゃいます。

今回は2019年春のスシローのメニューです。

原価率の高いスシローはいったいどのくらいの原価率なのでしょうか。

元回転寿司店長が経験や裏情報などにより推測してみます。


関連記事



元回転寿司店長がスシローの春メニューの原価目線で分析してみる



susiroharu1.jpg
出展:スシロー

【かつお】

ほぼほぼ定番メニューですね。

春のかつおは時期ですし、美味しいですね。

かつおは原価が安いので、推定原価は35%程度じゃないでしょうか。

スシローとしてはかなり原価貢献の高い商品でしょう。

【かつおユッケ】

これもスシローの定番メニュー。

かつおのネタにならない部分を使っているのでかなり原価は低い。

玉子とタレで少し上がっているくらいで推定原価率は30%くらいじゃないでしょうか。

構成的に原価を下げるためにも一緒に売り出したい商品です。

【甘えび和風ユッケ】

創作寿司ですね。ユッケ系はそんなに原価は高くないはずです。

甘えびのネタに使えないものを使用しているのでしょう。

推定原価率は30%程度でしょう。

【いか和風ユッケ】

これまた同じようなユッケタイプ。

いかのネタにならないものを安く仕入れたのでしょうか。

推定原価率は30%くらいでしょう。

【紋甲いか食べ比べ】

紋甲いかは以前よりも価格は上がってるはず。

ただ食べ比べとなってますが、ゲソが安いという事情もあるのでは。

推定原価率は40%くらい。

【白とり貝】

貝は原価率が比較的高い。

定番にはなかなか入れられないメニューでもあります。

推定原価率は45%前後ではないでしょうか。

sushiroharu2.jpg
出展:スシロー

続いて、同時開催で新たに始まる天然3貫盛り祭。

3貫というスタイルで販売してきましたね。

これは非常に原価を意識した形でもあるでしょう。

【天然インド鮪3貫盛り】

大トロ、中トロ、赤身の3貫で300円というお値打ち商品。

中トロが100円、赤身が50円と考えると、大トロが150円ということになります。

どう考えても原価は高そうな感じがしますね。

300円でギリギリ出せるのではないかというくらいコスパは良さそう。

推定原価率は50%を超えるのではないか。

【天然貝の3貫盛り】

赤貝、白とり貝、ほっき貝が3貫で100円という超お買い得商品。

通常2貫で100円のものが3貫で100円なのだから破格。

1貫あたりを原価20円と考えれば3貫で原価60%くらいになりますね。

推定原価は60%いかないくらいでしょうか。

これは是非頼みたい商品ですね。

【天然魚3貫盛り】

こちらはひらめ、いわし、むらさきいかの3貫を150円という商品。

これは天然のひらめがどのくらいの原価なのかというところ。

基本的にはいわしとむらさきいかは100円で出せる商品。

推定原価率は50%前後ではないでしょうか。

まとめ



3貫祭りの商品はどれもお値打ち商品ですね。

原価度外視の集客を目的とした商品。

そのため、春メニューのユッケシリーズなどで採算を合わせています。

お店に行けば、お値打ち商品だけを食べるわけではありませんからね。

原価はトータルで採算が合えばいいのです。

そういう意味では春メニューのユッケシリーズなどはちょっと食べてみたくなりますし、

好みは分かれるでしょうが、魅力的なのではないでしょうか。

それにしてもスシローは毎月のように原価度外視の超コスパいいメニューを出してきますね。

このあたりが業界ナンバーワンのスシローの魅力でしょう。

無料登録するだけで人気飲食店から「非公開の招待状」が届きます。

レポハピで特別な体験を。



関連記事

















スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク