FC2ブログ

Welcome to my blog


小売・飲食ランキング
人気ブログランキング

容量無制限のポケットWi-Fiなんて存在しない!?騙されないために知っておきたいこと

元てんちょ→@酒好きブロガー

元てんちょ→@酒好きブロガー

スポンサーリンク

容量無制限のポケットWi-Fiなんて存在しない!?騙されないために知っておきたいこと



容量無制限のポケットWi-Fiを探していたりしませんか?

ちなみに私はYahoo!WiFiを利用しているのですが、

容量無制限というフレーズを見て契約しました。

実はこれは誇大広告とも言えるくらい問題がある表示なのです。

実際のレビューなどは下記を参考にしてくださいね。

関連記事



ここではこれからWi-Fiを契約する際に気を付けたいこと実際利用してみた経験から書きたい

※ポケットWi-Fiはソフトバンクの登録商標です。ここでは一般的に外出時に使用するWi-Fiを総じてポケットWi-Fiとして書いています。



容量無制限のポケットWi-Fiは存在しない!?



DSC_0861.jpg 
容量無制限のポケットWi-Fiは基本的には存在しないと思って良いでしょう。

まず、速度制限は必ず存在します

これは多くの会社が3日間で10GB以上利用したり、異常な数値を出した場合に制限されます。

他のユーザーにも迷惑がかかってくる場合があるので仕方ないですね。

ただ普通に動画をかなり見たとしてもここまでの異常数値はほとんどないと思って良いです。

私も1年ほどポケットWi-Fiを使用して動画を大量に見ていますが3日間での速度制限はひっかっかったことがありません。

それ以外では容量無制限で使えるポケットWi-Fiは動画を見るには非常に便利ですよね。

しかし、騙されてはいけません

次にあげるエリアには十分に注意しましょう。

圏外では使えない!エリアに気を付けた方が良い

DSC_0865.jpg 


もちろんですが、スマホもポケットWi-Fiも圏外では使えません

「圏外なんてそんなない!」

と思ってはいませんか?

しかし、これが意外とあるのです。

というのは、例えば私の使用しているYahoo!WiFiの場合はアドバンスモードとスタンダードモードというものがあります。

使い放題なのはアドバンスモードであり、標準モードには月間の容量制限があります。

アドバンスモードは地下鉄では圏外の箇所が多く、地下街でも使えない場所が数多く存在します。

yahoo1.png

上記の地図の青の部分が使い放題となるエリア。ピンクが標準のエリアです。

意外と差がありますよね。またこの地図は平面なのでわかりませんが、

都内の地下街でも差が極端にあります。

サイトのエリア地図は地上を基本としてるのでアテにならないので気を付けましょう。

せっかく使い放題となっていても、私の場合は通勤に地下鉄を利用しており、

なんと地下鉄内でアドバンスモードでは圏外という結果となっております。

これは使った人しかわからないことでもあります。

都内で地下や屋内にいることが多い方はよく確認した方が良いかもしれません。

また、人気のWiMAXでも同じことが言えます。

WiMAXが使い放題としているのは標準エリアです。

WiMAXにはワンランク上のスピードがWiMAX2+というものが存在します。

2+の方がスピードが速く、エリアが広いと公式にも記されています。

つまり、私は使用していませんが、エリアに差があるということですね。

概ね、Yahoo!WiFiと同等のエリアだと推測されます。

料金で選ばないようにしよう



動画を無制限に視聴したい場合は特に料金で選ぶのは辞めた方が無難でしょう。

私はそれで失敗したと思っております。

コスパが良いとかはNGです。

料金ではなく、エリアや速度制限などを気にした方が良いでしょう。

使えなければポケットWi-Fiなんて持ってる意味もありません

マホが電池切れになった場合の辛さを考えてみればわかるでしょう。

速度制限をよく読んでおこう

DSC_0867.jpg 

容量無制限のエリアでは問題なく使えるので、問題はエリア外で使用した際の速度制限です。

私は標準モードで7GB制限がありましたが、ついに先月はオーバーしてしまいました

その際になんと速度が128kbpsまで下がってしまいました。

はっきり言ってこんな速度では今のスマホでは操作がほとんどできません

地下鉄で圏外が多いため、標準モードを使わざるを得ないのでこういった状況が起きるのです。

自身のよくいく空間が全てアドバンスモードなど無制限の範囲内であれば問題ないでしょうが、

そうでなければ、致命的な問題になります。

しかし、WiMAXではこの制限がなんと1Mbpsとなっているのです。

動画は厳しいにしてもSNSくらいは使えますよね。

万が一、制限が掛かってしまっても動画が見れないレベルなのでストレスはだいぶ低くなります。

高速モバイル通信ならWiMAX



それでもキャリアの大容量プランよりは安い



動画をとにかくたくさん見るのであれば、通信容量は気にしたくないところ。

しかし、3大キャリアや格安スマホなどが提供している大容量プランは制限がありますよね。

はっきりいって20Gや50Gでも足りません。

わざわざ大容量プランに変更して、月末に容量調整をするくらいであれば、

ポケットWi-Fiを持ち、スマホのプランを最安値のプランにした方が良いでしょう。

この方が実はトータルでは安く済むのです。

ソフトバンクのウルトラギガモンスターは月額で5980円の負担になりますが、

Wi-Fi端末でしたら月額4000円程度で持つことが可能となります。

それでいて、容量の心配もないのであれば、どちらがお得かは明白ですよね。

まとめ



動画をたくさん楽しみたいのであればキャリアの大容量プランではなく、

Wi-Fi端末を別に持つことをおすすめします。


これだけでだいぶ通信負担が減るでしょう。

私もWi-Fi端末を持つ前はスマホだけで利用していましたが、

大容量プランを契約したところで、必ず月の後半には通信量オーバーで制限が生じてしまいました。

追加するのに1G1000円とかかかりますからね。

かなり無駄だと思ったので、ポケットWi-Fiを購入することにしました。

そして、スマホのプランはデータ通信量が非常に低い最安値プランにしました。

これにより、通信はたくさん出来て、コスパも良くなるというお得な感じでストレスが減ったわけですね。

最近はこの使い方にする人が増えてきたんじゃないでしょうか。

ちなみに今のWi-Fiの契約終わったらWiMAXにするつもりです。

BroadWiMAXの詳細をみる


【WiMAX2+】WiMAXなら家でも外でも使い放題



















スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク