FC2ブログ

Welcome to my blog


小売・飲食ランキング

自分には何も武器がない・・・。飲食店社員が転職で武器にできること教えます

元てんちょ→@酒好きブロガー

元てんちょ→@酒好きブロガー

飲食店から転職をする際に、自分は何もスキルがない。。。

何もできないし、どうせ転職なんてうまくいかない、、、と思っていませんか?

だとしたら、めちゃくちゃもったいないです。

飲食店で数年でも培った経験は転職をする際にも武器になりえます

私も一般的にはたいした資格は持っていません。

英検だとか持ってないし、これといった有名な資格はなかったですね。

店長をやっていたので、防火管理者や衛生責任者はもちろんありましたが。

唯一あったのが衛生管理者という国家資格くらいか。

さて、そんなあたなたでも転職の際に武器になるようなことを教えます。

これは実際に私が履歴書職務経歴書でも活かした内容です。

どういうことをアピールすればいいのかを具体的に説明しましょう。



コミュニケーション能力は高い



飲食店での社員経験で武器となるのがコミュニケーション能力だ。

飲食店では高校生から高齢者まで様々な年齢の世代や性別の人間と関わる。

はっきり言えばコミュニ―ケーションができなければ1年も持たないのが飲食業

アルバイトとうまくいっていたなら、それは大きな武器にもなりうる。

そこで信頼関係を築けたなら、それは間違いなくビジネスとして十分な力があるということだ。

いかにそれを相手にうまく伝え、いいように解釈させるかが問題だ。

全く違う環境だからこそ学べたことも多いというポジティブな考えを持てるかどうかが分かれ目だ。

私も10何年もこの業界でやってきたことで、人一倍にコミュニケーション能力は高まった。

どんな性別・年齢だろうが、それなりに対応できるし、人見知りなんてしなくなりました。

これは普通の一般の会社ではなかなか築けない能力でもある。

よく会社員があっさり仕事を辞めるのは環境適応能力が低いからこそ起こることでもある。

どんなに技術があっても、能力があっても会社に残れるかどうかはこのコミュニケーション能力次第なのだ。

できない人間はフリーランスの道に進むしかないだろう。

飲食店を何年も耐えられる力があれば、そこらへんの会社でそうは潰れないだろう。

関連記事



売上に対する管理能力



ビジネスとしても大きく武器になるのが管理能力だ。

店長ならもちろんだが、これは副店長クラスでも言い方次第では武器になる。

売上に対しての人件費のコントロールというのは管理能力の指標となる。

数字をしっかり把握し、そこに対して適正な対応をし、結果を出せるかどうかが焦点だろう。

経歴書や面接ではこのあたりを詳しく記述したり述べることが適切だ。

店長であれば、売上と人件費以外にも数字を扱うだろう。

その数字をとことん示せばいいわけだ。それだけで管理者としての能力は伝わるだろう。

まだ店長でない人は日々の営業での人件費のコントロールに重点を置こう。

それは現場で自分がやってきたことだろう。

そういった細かいコントロールをどれだけ示せるかだ。

実績はあるのか?



何年も勤めた会社であれば、実績は重要だ。

社内の何でもいいから実績を出そう。

私は利益を多く出して表彰されたことや、3か月連続でAAA評価というのを獲得したことなどを主張した。

勤めてきた何年かでどれだけ実績を出せたのかどうかをしっかりと伝えられるようにしよう。

全くないですと言うのであれば、それは転職はまだ早いかもしれない。

先ほどのような管理を実績として胸を張って伝えることができれば簡単かもしれない。

少しでも誇れるくらいの実績を作れないのであれば、普通に転職は厳しいかもしれませんね。

マネジメント能力とは?



最後に武器になるのを一つ。マネジメント能力だ。

つまりこれも管理能力のひとつです。ただ先ほどの人件費などの数字の管理だけではありません。

この場合は人の管理です。

要するにスタッフのシフト作成や、教育など人に関するマネジメントだ。

これはどこの会社でも武器になる要素でもある。

人を育てる、人を動かす、これは誰でもすぐにできることではありません。

それなりの経験も必要だろう。

いかにこれを転職する際でも会社に伝えられるかどうかだ。

効率よく人を動かして、円滑にお店を運営する。

そして予測にあった労働時間や売り上げの管理。

そのための人の教育。

ここをしっかりと実践できているのであれば、それを伝えるだけで大きな武器になります。

自信を持っていきましょう!

関連記事



まとめ



飲食店だからといって悲観的になってはいけません

あなたの経験や結果はもちろん努力も大きな財産であり、武器となります。

飲食店で働いているあなたの今の給料は満足のいくものでしょうか?

一度、自分の市場価値というものを調べてみると良いかもしれませんね。

Check!


同じ飲食店でも給料にかなりの開きがあります。

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】


特に飲食店はここ数年で大きく変わっています。

長く働いていればいるほど、昔の給料設定で入社している分、損することもありますからね。

自分の武器をしっかり把握し、履歴書職務経歴書でアピールできれば転職は怖くありません。


関連記事



おすすめ転職サイト



飲食業界を武器にできるあなたにいくつかの転職サイトを紹介したい。




キャリコネ年収・企業口コミサイトとして、多くのビジネスパーソンから支持を得ているサイトです。
今は転職しない人でも登録している人が多い。
今の企業の現状を口コミとしてサイトに登録するという使い方もできる。




インテリジェンスの新しい人材サービスブランドです。
市場価値診断を行い、今のあなたのスキルにあったオファーを面接確約という形で出してくれる。
探す手間も通常の転職サイトよりも省くことができるので便利だ。




20代・第二新卒・既卒の転職なら
マイナビジョブ20'sがおすすめだ。20代、第二新卒、既卒に特化していて登録数の85%を占めている。
転職アドバイザーやエージェントとマンツーマンでサポートもできマッチングする会社を選ぶには最適だろう。

また、近年は業界に特化した転職サイトが注目されている。

同じ業界だけで探せる分、やりたいことがはっきりしている人にはお勧めだ。



ドライバー業界に興味があるのなら、ここで探すと良いだろう。
飲食店で夜遅い生活が苦の場合はドライバー業界は逆で朝早く夕方には帰ることが出来るところが多い。
子育てしたい、普通の生活リズムにしたいという人にはお勧めかもしれない。




同じ飲食店で探してみるのも面白いかもしれない。
同じような仕事や労働時間で今よりも給料が高い会社があるかもしれませんね。







スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

スポンサーリンク