FC2ブログ

Article

        

元回転寿司店長がスシローの帰れま10のランキングをまるごと解説!

2018/ 06/ 12
                 
先日、人気番組「帰れま10」でスシローの人気メニューベスト10というのをやってたようですね。

スシロー公式サイト




おかげさまで、私の最初にやっていたブログのほうがなんとアクセスが昨日はいつもの5倍ありました。

そのブログがこちら⇒元回転寿司店長のリアル戯言

寿司関連のカテゴリはこちらから

とはいえ、先月にブログを移転したわけでして、今はこちらのブログで書いています。

それではランキングを振り返っていきましょう。

10位は得ネタ大トロですか。

280円もするんですね。ちなみに大トロはたまぁに100円くらいのキャンペーンを赤字覚悟でやってますよね。

280円だと原価率はだいぶ下がってるでしょう。

大トロに関しては回転寿司でもいいネタ使ってますので、ちょっと高い寿司屋と遜色ないですね。

でも、280円は一般的には安いですが、スシローの客層からだと高い感もありそう。

9位は濃厚とんこつラーメンがランクイン。

サイドメニューのラーメンが入りましたか。

ちなみにこういったランキングはどこまで本当かはわかりませんがね(笑)

会社は売りたいものをそれなりに上位に入れておきたくなりますので。

ご飯とラーメンてけっこう一緒に食べるものでもあるので、

寿司にも十分あいますからね。回転寿司のラーメンて意外と美味しいと思います。

8位は赤海老ですね。

赤海老はぷりぷりしていて私も好きです。意外とこれ原価安いんですよ。

とはいえ、1貫商品で出している設定だからですが。

大きいものはけっこう売れるので、店としては重宝したい存在。

昔、これ店内で剥いたりしてたことあるんですが、けっこう手間ですよ(笑)

7位は厚切り真鯛。180円なんですね。

見た感じは15g設定くらいでしょうかね。2貫で30g。

2貫で20gで原価率45%くらいだろうから・・・180円ならそれなりに原価率収まりますかね~

真鯛は原価率高い食材でもあるので、コスパ的には良いかもしれませんね。

冷凍とチルドでだいぶ味が違います。たぶんこれはチルドか?!

6位はサーモントッピングがないんですねぇ~

これで6位というのは怪しい感がありますね。

そもそも、これ注文数でのランキングなのかな?

実はランキングでも注文数と消費数とで順位が変わってくるんですよね。

サーモンの場合は比較的メジャー商品で原価が安いので、レーンに多く流せるのです。

レーンに多く流せば消費量は増えますが、注文数は減ります。

6位というのはある意味ちょうど良いくらいなのでしょうかね。

寿司もある焼肉屋:【マジ?】たったの4円で焼肉食べ放題!家族でも安心【10円でお釣りきたw】

ただ、サーモンはオニオンなど何かしらトッピングがあるほうが魅力を感じますね。

サーモンは輸入品で基本的にどこの回転寿司でもほとんど味が変わらないので、

ちょっといい店に行くと、損するメニューなのでご注意を。

5位にはいくらがランクイン。

いくらは人気ですよね。原価も高いです。

バイトがたくさん盛り込むとイラっとする商品です(笑)

量をあまり盛れないのでキュウリつけてるくらいですからね。

ただ、北海道とかで美味しいいくらを食べると、回転寿司のいくらはちょっと・・・と思ってしまいますが。

たまにキャンペーンでやる北海道産いくらみたいなのが個人的にはおすすめです。

4位はえびアボカド。こちらはえびではなくてえびアボカドがランクインですね。

えびを頼むより、いろんなもの乗ってるこっちのほうが明らかにコスパいいですしね。

作るのはちょっとめんどくさいのですが、ボリューム感もあって売れ筋ですね。

綺麗に作ると美味しそうに見えます。

3位は茶碗蒸し。回転寿司では定番ですね。

回転寿司の茶碗蒸しって美味しいんですよ。

チェーン店ごとに味が違いますね。

ちなみに原価率も低いので、お店としては売りたい商品。

食べる側もお腹いっぱいでも食べられちゃうところがいいですよね。

ポン酢などを入れると美味しいと言われています。

2位ははまち。はまちは原価率がちょっと高いので、消費者にはコスパいい商品。

ギリギリ100円で提供できるというところでしょうか。

はまちは脂がけっこう乗ってるのでわさびをべったり付けても食べられちゃいます。

白っぽいハラミの部分が旨いので、注文して届いたらラッキーですね。

1位はまぐろ。まぁ当然の結果というところでしょうか。

スシローマグロは若干薄いような気がしましたがどうでしょうか。

マグロは近年も高騰してますし、原価率高いのでもはやサービス商品ですね。

できれば売りたくないが、売れちゃうんですよね。

昔、「マグロをあまり売るな」という指令がありました(笑)

レーンに流す量を減らして使用量を下げるのです。

しかし、そうするとマグロ注文ラッシュに合うわけでして。

消費者はこのサイズのマグロ2枚を100円で食べられるだけでも満足だと思いましょう。

ということで、ランキングをざっと見ると、原価率の高いものと低いものが均等になってる気がしますね。

ある程度、間を取ったかもしれないと疑ってしまいますね。

実際問題、均一価格の回転寿司てのは商品の原価率が平均化してトントンにならないと厳しいですからね。

ちなみに私の好きな定番ネタは強いて言えばあじ、いわしですかね。

【知らなきゃ損】バイトの辞める理由なんてほとんど嘘?【飲食の常識】

【リアル体験】店長のとんでもない仕事ランキング【ここだけの話】

寿司の次は・・・:【人気焼き鳥屋】人生で一番旨いレバーを食べてきた【一度は行くべし】










スポンサーサイト

スポンサーリンク

                         
                                  

コメント