FC2ブログ

Article

        

voicyが今後流行るかもしれない理由とは・・・

2018/ 02/ 21
                 
最近、twitterで話題になりつつあるサービス「voicy」をご存じだろうか。

公式サイトはこちらから

このサービスは簡単に言えば音声ブログといったところだろう。

現在は作家としての活動が多いはあちゅうさんがランキングでも上位で活動している。

ブログと言えば基本的には文字での日記を指す。

しかし、voicyは声を使ったブログというスタイルだ。

映像に比べて音声のジャンルはまだ開拓余地があるのかもしれない。

映像はYoutubeが完全に支配した感がある。

収益に関しては厳しくはなったが、クリエイターに簡単になることができ、

莫大な視聴者がいて、その活用方法はもう幅広い。

しかし、音声はどうだろうか。

文字ではtwitterなどのSNSやブログが中心だ。

写真ではinstagramが圧倒的地位か。

私は音声はラジオしか思い浮かばない。

そう、このvoicyもラジオみたいなものでもある。

しかし、大きく違うのはリアルタイムではないことだ。

配信側は予め録音したものを公開するので、音声ブログということだ。

通常のラジオなどはリアルタイム配信である。

このデメリットは決まった時間でしか聞けないことだ。

ファンのライフスタイルはバラバラなわけだし、聴きたい時間に聞ける人はほんのわずかしかいないだろう。



これは動画にも同じことが言える。

動画のリアルタイムはライブ配信だろう。

ライブ配信のアプリは多く存在はしている。

インスタでもライブ配信は可能だ。

しかしリアルタイムならではのデメリットは同じだろう。

ということは動画のYoutubeのような存在が音声にも必要となってくる。

そのトップを狙えるのがVoicyということだ。

開設してまだ間もないので、不安定な要素はかなり多いが今後伸びる可能性はあるように感じる。

そして、もう一つの理由がある。

それは近年問題になっている歩きスマホだ。

歩きスマホは画面を見ながら歩いてるということですよね。

画面を見ないとコンテンツが得られないということ。

誰でもカスタマイズできる、PC・スマホケースショップ!


動画も同じです。

しかし、Voicyのような音声ブログであれば、イヤホンだけでコンテンツを楽しめるのだ。

だから前を見ながら歩けるということです。

また、リアルタイムではないので、好きな時間に好きなジャンルの好きな人の声を楽しむことができる

これは意外と現在の社会にマッチしていく可能性は高いのではないだろうか。

今後、気になるのは収益体制だろう。

現在は視聴者を増やしていくための初期段階に思える。

今後は広告をどう使っていくのかで運営が見えてくるだろうか。

サイトを見ると、企業には有料プランを設けて収益に繋げる考えか。

一方の一般ユーザもチャンネルを開設し申し込みすることができる。



審査は応募も多いようでかなり厳しそうだが合格すれば無料でチャンネルを作ることが可能だ。

そして、ゆくゆくはYoutubeのように広告を付けて収益を得られる体制になるようにも感じる。

twitterなどのフォロワー数が多い方は挑戦してみると良いかもしれませんね。

今後も動向を見守っていきたい


はあちゅうさんの犬猫での炎上の件
レジでこんな客は困る!


スポンサーサイト

スポンサーリンク

                         
                                  

コメント